外部ろ過フィルターが欲しくなった。
アカヒレ一匹の水槽(40cm)が一つしかないけど。

なぜか?

これまで、バクテリアを増やそうと頑張ってきましたが、水槽セットに付いてきたフィルターは、外掛け式フィルター。外掛け式のフィルターは、2〜3週間に1度のフィルター交換が必要とのこと。

つまり、今まで我慢して増やしたバクテリアも一緒に捨てろってこと。

これじゃ、いつまでたっても生物ろ過ができません。
今までの努力はどうなるの?
そんなアホな話ってある?

とは言うものの、40cm水槽に外部ろ過だとアンバランスなので、とりあえずの対策として、付属の外掛け式フィルターを改造することに決めた。

現在稼働中のフィルターは、プロフィットフィルターS(kotobuki)。

ネットで検索してみると、OT-45(tetra)を改造した事例が多かったが、プロフィットフィルターの改造事例は少なかった。kotobuki社の外掛け式って、マイナーな存在ですか?

下に、ネットで見つけた参考サイトをコピペ。

★ ニッソー マスターパル ミニ用 ろ過カートリッジ
これが一番お手軽かも!?

● コトブキ製外掛けフィルターの改造
これを真似することした。
が、写真のサイズは小さくて、仕切り板のサイズが分かりません。(涙)

● ニトロバクター大繁殖計画 Act27
似たような事例がここにもありました。私がしたいのは、こういうイメージ。ただ、詳細がちょっと分からない。

● お魚飼育日記
結構、本格的ですな。ろ材は、リングろ材とスポンジ。

● ふなのBLOG
こちらは、全部スポンジ。
安上がりになりそうなので、私もそうすることにする。

仕切り板の作成は、下記の2サイトを参考にする。
○ 【水槽】外掛式フィルター OT-45の改造【金魚】
○ たまつんのちょっとだけ上昇志向

今週末にでも、改造に着手しよう。

posted at 2007年05月23日  Comment(0)  TrackBack(1)  このページの先頭へ

前々から気になっていましたが、

水が緑っぽい。

コケが増殖している訳ではなく、

水自体が緑色。

水槽内をよく観察してみると、水草(シダ類)の色が抜けていました。
葉の先っちょがすこし、透明になっているのです。

きっと、葉緑素が、水中に溶け出したんだと思う。ホントカ?

自問 「もしかして、水道水中の塩素が残ってた?」

自答 「そんなことはないはず。カルキ抜きは多めに入れたから。」

自問 「じゃ、変な細菌が入り込んでいるのか?病気か?」

自答 「  。。。。  」

という訳で、今日の写真と合わせ、これまでの写真を再度アップします。

水槽全景20070523.jpg

5月23日

水槽全景20070521.jpg

5月21日

水槽0519.jpg

5月19日

水槽全景20070517.jpg

5月17日

改めて、こうやって比較してみるとよく分かります。
自分でもビックリした。(汗)

最初は、こんなに綺麗な水でスタートしたのに。。。。
どうしたらいいんでしょうか?

どなたか、ご教授ください。

posted at 2007年05月23日  Comment(0)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。