ウォーター・ウィステリアがうっとうしくなってきたので、トリミングをすることにしました。

20070612 トリミング前.jpg

トリミング前

買ってきて直ぐのうちは綺麗な色だったんですが、最近は茶色い葉が目立つようになってきました。

たぶん、水上葉が腐ってきてるんだと思います。

アマゾンソードの場合ですが、買ってきた時の葉が一端枯れて、そして、新しく葉が出てきました。

水上葉と水中葉ですね。
アマゾンソードを見て、違いが分かるようになりました。

アマゾンソードの水上葉は、色は濃い緑で、葉は固いです。
水中葉は、色は透明感のある薄い緑で、葉は柔らかいです。

情報を聞いているだけではなかなか分かりづらいですが、実際に見てみると一目瞭然です。

ちなみに、アヌビアス・ナナと、ミクロソリウムは、買ってきたままの状態で、枯れずにそのまま育ってます。

で、なぜウィステリアを購入したかと言いますと、うちにはゴールデン・ハニードワーフ・グラミー(以下、ハニー。)が4匹おりまして、繁殖を目論んでおります。

ハニーは、繁殖の際に♂が泡巣を作るらしく、その泡巣は水面に浮き草があると良いそうなんですね。

その浮き草代わりにウィステリアを、と思ったんです。

でも、うちのハニーはまだまだ繁殖といった感じではないようです。

婚姻色も出てないし、そもそも♂か♀かも分からないし、2匹はまだまだチビッコだし。。。

トリミングするなら、今だって感じで、決行することにしました。

どうせ水上葉だし、全部腐ってしまうのが目に見えているし、いっそのこと全部切ってしまえ

ってな感じで、チョッキン、チョッキン。

ついでに、前から気になってた、コケの付いたコブラグラスもチョッキンなっと。

で、トリミング後の写真はこちら。

20070612 トリミング後.jpg

トリミング後

 。。。

ちょっとやり過ぎたかな。

posted at 2007年06月13日  Comment(2)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

先日ウィステリアのトリミングを行いましたが、その際、低床に植えていたミクロソリウムの活着も同時に行いました。

ついでに、ミクロソリウムに付いてた子株を分離してみました。

ミクロソリウムとろ過リング.jpg

ミクロソリウム(子株付き)

子株を切り離す.jpg

子株を切り離す
切断しても大丈夫かな?

ミクロソリウムを括り付ける.jpg

木綿糸で縛る

ミクロソリウムを水槽に戻す.jpg

水槽に沈める

で、切断したミクロソリウムの状態が気になってたんですが、下の写真の様に、白化してしまいました。切断してから概ね24時間後の写真です。

ミクロソリウムが白化.jpg

ミクロソリウムが白化

白化の原因は、一般には「鉄分が不足することによる」そうですが、私の推測では、切断面から養分が抜け出たんじゃないかと思ってます。
いくら丈夫だとは言っても、さすがにやりすぎたかも。。。

もう少し様子を見ることにします。

posted at 2007年06月14日  Comment(2)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

先日、ヤマトヌマエビが2匹、☆になりました。
残りの1匹も調子が悪そうです。
原因は分かりませんので、しばらくの間は、エビの追加購入は見送りたいと思います。

さて、水槽レイアウトの変更を行いました。

流木が、水槽の真ん中にゴロンと横たわっていただけなのが気に入りませんでした。

水槽写真 20070617.JPG

レイアウト変更後

立体的な配置ができて、満足です。

向かって右側が陰性植物。
左が陽性植物になってます。

今回のレイアウト変更に伴い、アマゾンソードを一株動かしました。
その際、購入当初の根っこが腐ってた?ように見えました。
おそらく、今回の移動で、また根っこが腐るんだと思います。

posted at 2007年06月18日  Comment(0)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

二酸化炭素の添加を始めました。
ついに、一線を越えたって感じです。

方式は、発酵式です。
さすがに、いきなりミドポンはちょっと敷居が高いので。。。

実は、前々から興味はあったのですが、躊躇してたんです。

発酵式に必要な器具や培地の作り方など、必要な情報は、ネットで検索するといくらでも出来てきます。
写真付きで解説されているページを見るうちに、やる気になりました。

そして、初めて二酸化炭素が出た時は、感動すら覚えました。

こんなに簡単だなんて、自分でもビックリしました。
もっと早くから始めれば良かったと思います。

私は「めんどくさがり」なので、2Lのペットボトルを用いました。
使用材料は、培地として、砂糖500g、ゼリーパウダー15g、水600cc。
それに、イースト菌5gと、水を適当に加えて完成。

あと、注入設備として、エアストーン、逆止弁、チューブ、チューブアダプターを購入しました。

掛かったコストは、総額で、千円でお釣りがくる程度です。

エビが3匹とも☆になったので、この際、遠慮することはなにもありません。
今いるお魚は、アカヒレ、ゴールデン・ハニードワーフ・グラミー、青コリの3種で、酸欠に強そうな種ばかりです。

で、舞い上がる二酸化炭素の泡を眺めて悦に入りながら、ふと思ったのですが、ちゃんと水に溶けているのかな? というか、溶け込んでいないような気がします。

泡がブクブクしているだけのような気がする。。。

拡散器をケチったのがいけなかったのかな?

エアストーン.jpg

購入したのはエアストーン。一番左の、一番小さいものです。
目的外使用なのでしょうがないのかなぁ?

本当は、ネットで好評の「イブキエアストーン」が欲しかったのですが、ショップに置いてなかったんです。

専用のCO2ストーンを買えば良かったかも。
800円位のがショップに置いてあった様な気がする。

たぶん、コレ。

CO2ストーン.jpg

たとえエアストーンであっても、多少の効果はあるはずなので、これからの水草の成長が楽しみです。

posted at 2007年06月18日  Comment(0)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

デジカメで写真を撮りました。
これまでは携帯で撮っていたのですが、さすがにデジカメの方が綺麗です。

水槽写真20070619.JPG

水槽写真(37日目)

調子にのって、斜めから。

水槽写真20070619ななめ.JPG

それっぽい?

雰囲気が出てますねぇ〜。
自画自賛!!  ♪ヽ(´▽`)/

posted at 2007年06月19日  Comment(4)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。