6月23日に購入した水草3種のうち、ひとつはアマゾンチドメグサではないかと思います。

■GOOD AQUA■ さんのページに写っている「アマゾンチドメグサ」とそっくりです。
間違いない!!

【メモ】
育成: 非常に容易でCO2の添加や高光量は不要。
水質: 気にしなくてもいい。
成長: あっというまに増える。
肥料: 根は地中ではなく節間からを出すため、液肥が有効。
別名: ブラジリアン・ペニーワート
名前の由来: 葉の絞り汁に血止めの効果があるらしい?

成長が早いとのことですが、実際に植えてみると、既に水面まで達してました。近々にでもトリミングをしようと思います。
その際は、底砂に根を張らないため、抜けないように気を付けないといけないそうです。
知ってたら、購入時に付いていた「鉛」を捨てるんじゃなかった。。。

ところで、アマゾンチドメグサと似た水草で、ブラジルチドメグサという水草があるそうですね。
ともにセリ科で、繁殖力がものすごいそうです。

ブラジルチドメグサは、環境省/特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)により規制されていますが、アマゾンチドメグサはそうではないとのこと。

ウェブを検索しみると、反対の記述(アマゾンが規制対象でブラジルが対象でない)も見受けられましたが、環境省のページに書いてあるのが正しいのでしょうね。

ブラジルが規制対象である理由として、熊本県における大繁殖とそれによる被害によるためとされています。
しかし、アマゾンもブラジルも同様の繁殖力を持つのであれば、規制をするなら両方を対象とする必要があるのでは。。。
素人の素朴な疑問です。

まぁ、アマゾンの大繁殖例がないことがその理由だろうと思います。
逆に言えば、そのうちアマゾンも規制対象になるかもしれないということですね。

アマゾンチドメグサとブラジルチドメグサの見分け方がありましたので、うちのチドメグサを確認してみました。

アマゾンチドメグサ(上から).JPG

葉脈の中心まで入る切れ込みが、一カ所しかないのがアマゾン。
数カ所あるのが、ブラジルだそうです。

で、うちのチドメグサは、やっぱりアマゾンの方でした。
当たり前か。

p.s.
残りの2種については、未だに分かりません。。。

posted at 2007年06月26日  Comment(0)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

アクアリストの永遠のテーマである“水槽の維持費”ですが、今回は、電気代について試算することにしました。

一番気になるのが“照明”の電気代です。
なにしろ、朝から晩まで、誰もいない部屋で耿耿としています。

奥さんから、「電気代がもったいないから消してくれ」とは言われませんが、冷たい目線が時折気になります。 (ノ_・。)

で、こんなページを見つけました。

電気代の計算2 for 熱帯魚の飼育

この電気代が計算できるページは、yamyamさんが作成された「I Love Corydoras! コリドラス大好き!」というサイトのコンテンツです。

このページの素晴らしいところは、器具の詳細スペックが分からなくても、名称さえ分かれば計算できることです。

ありがたく使わせて頂きます。 v(^∀^) ぁりがと〜

で、早速計算。

気になる結果ですが、

174円なり。

(; ̄Д ̄)なんじゃと?

こんなに安いんだねぇ〜。意外です。
ぜひとも、奥さんにアピールしなくっちゃ。

で、せっかくなので、内訳を以下にメモしときます。
「内訳もなにも、174円っていう結果だけで十分じゃないの?」って気もしないでもないですが、せっかくなので。。。

ピクシーネオ.jpg 【照明】
コトブキ ピクシーネオ
14W 1台 16時間点灯
121.8円/30日

プロフィットフィルターS.jpg 【フィルター】
コトブキ プロフィットフィルターS 60Hz
4W 24時間稼動
52.2円/30日

【単価】 18.13円/kWh 関西電力(従量電灯A)
【合計】 174円 (5.8円/1日)

posted at 2007年06月27日  Comment(1)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

3匹いる青コリのうち、最初にやって来た青コリ1匹が☆になってしまいました。

ゴメンね。きちんとケアをしてあげれなくて。。。

以前から斜めになって泳いでいたので、おかしいなとは思っていたのですが。。。

そのうち、浮きだしました。
流木に頭を突っ込んだり、葉の下に潜ったり、なんとか頑張っていました。

ここ2〜3日は正常に戻ったように見えたんで、安心していたんですが。。。

やっぱり、まだまだ素人です。反省。。。

素人判断だけでは、また今回の二の舞になると思い、まずは水質試験をすることにしました。

購入したのはこちら。

テトラテスト5in1試験紙.jpg

pH、炭酸水素イオン濃度(KH)、総硬度(GH)、亜硝酸塩濃度(NO2-)、硝酸塩量(NO3-)の5項目が一度に測定できる優れものです。

で、さっそく測定してみました。

pH:7.8、KH:8、GH:16以上、NO2-:0、NO3-:25

pHが高すぎる〜。ソイルなのに。。。
これが原因?

ただ、NO2-が検出されなかったのが自慢です。ろ過が完成しておりました。

すぐさま水替えをしました。ちなみに、我が家の水道水質はこちら。

pH:7.0、 KH:6、 GH:3以下、 NO2-:0、 NO3-:0

今回はいつもより多めに、2/5ほど行いました。

水替えの1時間後の水質です。

pH:7.8、 KH:8、 GH:8、 NO2-:3、 NO3-:75

NO2-が検出されておりますが、これは、水替えと同時に前から気になっていた水草の植え替えを行ったためと思われます。
ソイルがかなり舞ってたんで、低床中の硝酸塩が溶け出したんでしょう。
今後は、水草の植え替えは控えたいと思います。

さらに、水替えの24時間後の水質です。

pH:7.2、 KH:8、 GH:10、 NO2-:0、 NO3-:25

pHが少し下がったので一安心。本当はもう少し下がって欲しい感じですが。
それと、GHが高いのが気になります。

もう少し水質について勉強しないといけません。

posted at 2007年06月28日  Comment(1)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

水草が増えて、だんだんと様になってきました。

20070628 水槽写真.JPG

28日撮影

中央の上部が若干寂しいですが、アマゾンソードが順調に育ってくれることをアテにして、そのままにしています。

水槽の写真を撮るのは難しいですが、なんとか見れそうな写真が撮れました。

20070628 ハニー.JPG

だいぶん色づいてきました。

ゴールデン・ハニードワーフ・グラミーです。
次は正面からの写真。

20070628 ハニー正面.JPG

ペッタンコ!

正面から見るとペッタンコですね。
ちなみに、上から見てもペッタンコです。(笑)
時々、アカヒレと間違えます。

お次は青コリ。

20070628 コリ.JPG

エサくれ!!

満腹になると、葉の上で休憩です。

20070628 コリご満悦.JPG

ちょっと休憩

水温の上昇が気になる、今日この頃です。。。

posted at 2007年06月29日  Comment(4)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。