名前の分らない、赤い水草ですが、諦めることにしました。
全然根を張らないし、腐るし、おまけに腐った所が臭い。。。

赤い水草.JPG

最後まで名前が分らなかったので、育て方も分らないままになってしまいました。

水槽写真 20070715.JPG

赤い水草を撤去するついでに、バケツに待避していた流木を戻してみました。それと、若干のレイアウト変更も。。。
改めて流木を入れてみると、存在感がありすぎるというか、大きすぎるんですよねぇ。もうすこし小さい流木に買い換えた方がいいのかもしれません。。。

で、赤い水草の代わりにと言うわけで、エキノドルス・テネルスを買ってきました。ラージ・パールグラスと悩んだんだけど、ウィステリアやアマゾンチ・ドメグサ、赤い水草など、最近有茎種ばかり買っていたので、今回はテネルスにしました。現在はバケツの中です。

テネルス.JPG

店員さんに聞いたんだけど、テネルスって、結構大きくなるそうですね。前景に使う予定なんだけど、どんな水景ができるんだろう。まぁ、ものは試しと言うことで買ってみました。もし大きくなりすぎるようだったら後景用に使います。

それから、もう一つ。ウィローモスも買いました。カップに入って485円でした。
南米ウィローモスの方が良かったんだけど、流木付きしかなくって、値段も1500円と高かったので、今回はパス。
モスは、流木に活着させます。一度やってみたかったんですよね。
それと、流木の存在感を少しでも打ち消してくれればいいのですが。。。

ウィローモス(カップ).JPG

流木への活着の方法はいろいろあるようですが、下記サイトを参考にして、トライしてみます。

 南米ウィローモス活着
 糸不要 ウィローモス活着法

posted at 2007年07月15日  Comment(4)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。