#115 アヌビアス・ナナ プチ.JPG

アヌビアス・ナナ(プチ)が新芽を出しました。
特に珍しいわけではありませんが、成長が遅いこともあり、忘れた頃にポツポツと芽を出します。大体、月に2回ぐらい見ることができます。

アヌビアス・ナナと言えば「丈夫な水草」の代表ですが、その成長の遅さからコケ対策が重要とされています。多分に漏れず、写真に写っているナナもコケが付きかけています。

一時期“茶ゴケ”がひどくなった事もあり、コケ対策としてオトシンを一匹飼っているのですが、どうも最近のオトシン君はコリタブの方がお好きなようで、あまりコケを食べてくれなくなりました。おーっと、これはあくまでも推測で、コリタブを食べているところを直接見たわけではないのですが、水草がコケまみれでもオトシンのお腹はパンパンなので、多分そうかな〜と。なので、もう一匹オトシンを追加しようかなって考えてます。ヤマトヌマエビでもいいんですが、二酸化炭素の添加(発酵式)を行っているせいかよく脱走するので、気になってしょうがないので止めておきます。

posted at 2007年09月05日  Comment(4)  TrackBack(1)  このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。