現在13時20分。
嫁さんが帰ってくるまで、残された時間は160分間。

水槽が空になってしまえば、後は早いものです。
前もって洗っておいた大磯砂とブライトサンドを水槽に敷き、前もってアクを抜いておいた流木をセットします。流木のアクはまだ完全には抜けきっていませんが、ブラックホールをエデニックシェルトV2の中に仕込んでいるので無問題です。

#168 低床・流木を入れる.JPG
#168 低床・流木を入れる(上から).JPG

コリドラスがスーハーしているところを見たいので、やっぱりブライトサンドを使います。
ブライトサンド(前面)の厚みは約4cm。大磯砂(後方)の厚みは約6cm。
ブライトサンドがちょっと厚いような気がしますが、大磯をできるだけ厚くしたかったのと、前と後ろの差があまり大きいようだと崩れそうな気がしたので、まぁこんなものかと。

それから、ヒーターをこの段階で設置しています。
水草を植える前に設置しておかないと、後からだと結構大変なんですよね。

現在、13時50分。
嫁さんの予定帰宅時間は16時。
間に合うよね。

posted at 2007年10月29日  Comment(2)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

現在13時50分。

実際に流木を水槽に入れてみると、なかなか良い感じだ。
思ったより作業がサクサク進んだので、少し時間を掛けて水草の配置を考えてみることにしよう。

今ある水草は、cryウェンティ、cryバランサエ、エキノドルス・テネルス、グロッソスティグマ、アヌビアス・ナナ(流木付)、ミクロソリウム(流木付)、ウィローモス(流木付)、アマゾンソード、アマゾンチドメグサ。

今すぐに新しい水草を買ってくる時間はないので、今ある水草を流用するんだけど、上記のうち、アマゾンチドメグサはお役ご免にすることにした。東南アジアテイストには馴染まないので、ちょっと使いづらい。なんて自分勝手なんだろうと思うんだけどゴメンね。

それと、悩ましいのがアマゾンソード。
これもチドメグサと同じ理由で使いづらいんだけど、あまりにも綺麗な水中葉を展開しているので、使わないのは勿体ない。とりあえず、新しく水草を買ってくるまでの暫定ということで植えることにした。

で、水草を植える段階になってギョっとした。
植栽スペースが全然ない!

#168 植栽ゾーン.jpg

ブライトサンドを入れすぎたのか?
それとも流木が大きすぎたのか?
流木は一つで十分だったのかもしれません。

事前に思い描いていた完成イメージは、水槽左側を水草の茂みにして、その間から流木がニュッと突き出ているイメージだったんだけど、流木の後ろには植栽スペースがほとんどないので茂みが作れない。
水槽の奥行きが足りないし、ヒーターが邪魔。

なかなか思うようにはいかないものですねぇ。

posted at 2007年10月30日  Comment(0)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

水槽をリセットしたら新しい水草をワンサカ植えようと思ってたんだけど、所詮は40cm水槽なので、前面に砂を敷いて中央に流木を置いて背面にヒーターを設置すると、植栽スペースが思ったほど確保できません。
段々と、当初思い描いていたイメージから遠のいていくのを感じます。
まだ水草を1本も植えてないのに…。

しかし今となっては、前面の砂を縮小する時間はないし、流木2本を1本に減らしたり背面のヒーターを移動するのはシャクなので、このまま作業を続けることに。

そして、水草を植えるため水槽に水を追加すると…。

流木が倒れました。(汗)
浮力が働いて重心が移動したんでしょうね。聞いてないよぉ〜。
せっかく考え抜いた流木の配置ですが、なんとか自立してもらいたいので、組み直すことに。

で、いろいろ試してはみたんですが、結局、自立させることは諦め、大きめの石を追加して流木の支えにしました。
うぅぅ、ますます植栽スペースが減ったじゃないか…。(涙)
当初思い描いていたイメージが更に遠のいていきます。
まだ水草を1本も植えてないのに…。

この時、時刻は14時40分。
水を少し追加しただけなのに、予想外に時間が掛かってしまいました。

とっとと水草を植えるぞー!!
ということで、水槽の奥から作業を始めます。まずは、流木とヒーターの間のせっま〜い隙間に、cryバランサエを植えることに。

ピンセットでズボボッ!
うっ、植えやすい!

水草が植え易かったので思わず感動!
さらに、一度植えた水草は、近くに水草を植えても抜けません。濾過一番サンドでは考えられないことです。
大磯砂なら、水草を密集して植えることが簡単にできますね。

植栽が楽しくなってきたので、残りの水草たちもズボズボとテンポ良く植え込んで行きます。

そして最後に、リセット前に確保しておいたバクテリアたっぷり(のはず?)の水槽の水20リットルと共に、プラケに避難していた魚達を水槽に戻します。
少し多めに水替えをしたようなものなので、水合わせの必要はないだろう、ということで、プラケから水槽へヒョイヒョイと戻します。

#168 水槽写真(リセット後).JPG

ふぅー。やっと終わった。疲れたよ。

現在の時刻は15時30分。
リセットに要した時間は、ほぼ3時間。
これだけの短時間でリセットが可能なのは、小型水槽のメリットですね。

一仕事終わったところで、水槽を眺めつつ悦に入ります。
当初思い描いていたイメージからは少し離れてしまったものの、大磯砂や、複雑な形をした枝流木から、なにやら本格的な感じがします。
今後は、少しずつ、イメージを形にしていこうと思います。
まずは、流木周りが寂しいので、ミクロソリウムとかウィローモスを買い足そうかな。
中央の石にもウィローモスを活着させた方がいいね。
有茎種を植えるスペースはどこがいいかな。
やっぱりアマゾンソードは要らないなぁ、まぁいいや暫定だし。
水質が落ち着いたらミナミをたくさん入れたいなぁ、いやいや、グラミーが突っつくといけないので、ミナミを入れるならモスが繁栄してからの方がいいかな。

。。。

おっと、部屋の掃除が残ってた。

posted at 2007年10月30日  Comment(6)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。