枝流木を手に入れることが出来たので、来るべきリセットが楽しみになってきました。
枝流木って、見ているだけでイマジネーションが膨らんできますね。しかも、見る方向によって印象がずいぶん変わってくるので、色々と試してみたいと思います。しかも、今回2本購入したので、その組み合わせ方は幾通りも可能ですね。ワクワクしてきます。

今現在使っている流木は棒状のもので、しかも水槽サイズに対して大きすぎたようで、上手く使いこなすことが出来ませんでした。結局、のこぎりで分解して使ってます。次期水槽にも使えるかどうか、ちょっと微妙な状況なのですが、せっかくアヌビアス・ナナやらウィローモスやらが活着しているので、なんとかして使いたいと思っています。

#140 コリドラスと砂.JPG

で、とりあえず流木については大体目処がついたので、残るは最大の難関、コリドラスの為の低砂選びです。
水草を東南アジアテイストにすると決めたので低床は大磯でOKなんですが、大磯だとコリドラスがスーハーできないので、大磯に加えて、もっと細かい砂を入れようと思ってます。

ボトムサンド(sudo) 1kg.bmp 田砂(エイ・エフ・ジャパン).jpg ブライトサンド(ADA) 2kg.bmp

当初は、現在使っているボトムサンド(sudo)を流用する予定だったんですが、大磯と色合いが合わないような気がしたので、変えることにしました。
コリドラスの砂として定評のあるものと言えば、まず思い当たるのは田砂(たずな)ですが、店頭で一袋千円以上したのでパスしました。たぶん1kg入り(3kgでした)だったと思うんですが、ネット価格と比べるとべらぼうに高いので、もしかしたら見間違えたのかもしれません。

話が少し脱線しますが、アクア商品って、店頭価格とネット価格にずいぶんと差がありますよね。例えば先日私が購入したエデニックシェルトV2ですが、店頭では6,000円以上してました。ネットだと2,980円で買えるのにねぇ〜。

で、結局購入した砂はブライトサンド(ADA)2kgです。
ボトムサンドと比べると若干キメが荒いようですが、大磯と混ざった時の色合いが良さそうな気がします。
というのも、2種類の低砂を使うとどうしても混ざってしまうので、それならいっそのこと混ざってしまえ!というつもりでいます。あっ、いやいや、出来るだけ混ざらないでほしいのが本音ですけど。

posted at 2007年10月22日  Comment(4)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。