水草に付くコケって何とかならないものでしょうか。
My水槽はクリプト、ミクロソリウムがメインなのですが、成長が止まると黒髭まみれになってしまいます。
水槽の立ち上げ当初は茶ゴケまみれだった事を思うと、ろ過が完成しつつあるのかなぁと、それはそれで一歩前進だと思っていた矢先、並オトシンがいなくなって、また茶ゴケが増えてきました。

やっぱりオトシンは必要ということで、先日、「さかなのお宿」に行ってきました。今回のお目当ては、並オトシンではなく、オトシンネグロです。

今回は2回目ということもあり、店に着くやいなやネグロ水槽まで一直線です。
おーいるいる。どれにしようかな〜。
で、この時思い出したんですが、ネグロ水槽の隣が並オトシン水槽で、その隣がマジックシュリンプ水槽…。

ということで、マジックシュリンプ水槽を見てみると、
ギェ〜!ナンジャコリャ〜!
そこには、体長8センチはあろうかという超巨大なエビがウジャウジャと。
正直言って、でかすぎて気持ち悪い。
でも、黒髭を食う唯一の生体って事なので、一匹だけお試しで飼ってみようかなって思いつつ、店員さんにいろいろと教えて頂きました。

まず、一番気になるマジックシュリンプの正体ですが、スジエビの一種だそうです。ヤッパリ?
それから、一匹だけだと黒髭をあまり食べないらしく、黒髭除去が目的なら最低でも5〜6匹を一緒に飼う必要があるとのこと。
一般にスジエビは肉食で獰猛な性格と言われてますが、マジックシュリンプは小魚を襲わないとのこと。ミナミとの混泳も可。
両側回遊型なので、水槽内での繁殖は不可とのこと。

My水槽で8センチ以上もあるスジエビを5匹も飼うなんて不可能です。
黒髭対策は、地道に毛抜きで頑張ることにします。

#201 オトシンネグロ.JPG
#204 オトシンネグロ.JPG

写真は、今回購入したネグロです。
ネグロは並オトよりも動きが激しく、ちょこまかと忙しく水槽内を泳いでいます。

posted at 2007年12月03日  Comment(7)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

今さらではありますが、照明用にタイマーを買いました。
前々から欲しいと思って価格調査をしてたんですが、ふらっと立ち寄ったホームセンターに激安で置いてあったので飛びつきました。
防犯メーカ(REVEX)のPT60Dという製品で、1分単位で8つのプログラムが設定可能な優れものです。これがなんと1,980円です!

アクア用品だとこの値段ではなかなかないですよね。
これまで候補に考えていたのは、NT301(NISSO)とアクアクロック(GEX)の2製品でしたが、NT301は2系統制御が可能なものの価格がネックなので(よく考えたら2系統も必要ないか)、無難なところでアクアクロックかなぁ〜と思ってたんですが、近所のペットショップでは3,980円、器具類が安いことで有名な「さかなのお宿」でも2,980円とそこそこいい値段が付いてて、チャームだと1,980円で売り出してた時もありましたが送料・手数料を入れるとやっぱり3,000円近くなるので、“まぁ今すぐ必要ないのでそのうち買おう”って思いつつ、結局今まで買わずにいました。

タイマー.png

さっそくPT60Dを設置してみました。
現在の設定は、19時点灯・1時消灯にしています。
(あと7つプログラムが設定できるんだけど必要ないですよね。)

#204 タイマー(revex).JPG

数日使ってみての感想ですが、これはいいですね。
最近帰宅時間が不規則なのですが、照明の事を気にしなくても良くなり、一つ肩の荷が下りた感じがします。もっと早く買えば良かったです。
当初は照明のスイッチを入れる事も楽しみの一つでしたが、手動だと、規則正しい照明管理が難しいんですよね。

それから、こんな物を作ってみました。

#204 水槽カバー.JPG

照明の消灯時間は魚・水草の夜なので、太陽光が水槽内に入らないよう、遮光してみました。
発砲材をつなぎ合わせただけの物ですが、保温効果も密かに期待しています。
ただ、いかんせん発砲材だけに遮光は完全ではなく、今後改良の必要があると思っています。

今回のタイマーの導入で、魚・水草達の快適環境に一歩近づいた訳ですが、ただちょっと気になる点を二つほど。

まず一つめ。
消灯時間の1時になると、いきなり照明が落ちます。当たり前ですけど。
もうちょっと見ていたいな〜と思っていても、照明が落ちます。当たり前ですけど。
魚・水草の規則的な生活と共に、私の生活も規則正しくなりそうですw
(これは良いことですね)

二つめ(グチ)。
照明の点灯時には、水槽内が急に明るくなるためか、魚達がビックリしたように見えます。
手動で点灯していた時は必ず水槽の横にいたのでその様子を観察できたのですが、自動点灯だとそうもいかず、魚が飛び出してしまったとしても助けてあげることができません。

というのも、最近サイヤミーズを見ないな〜と思っていたら、水槽の脇で干からびてました。
最近こんなトラブルが続いたのでチョッチ嫌になってます。蓋してたのになぁ。

#204 水槽写真.JPG

タイマーと遮光版の導入で、昼は昼らしく、夜は夜らしくなり、今後の水草の成長が楽しみですw

posted at 2007年12月04日  Comment(12)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

水草レイアウトの大御所と言えばADAですよね。
私は最近ADAの事を知ったばかりなのですが、これ、何とお読みすればよいのでしょう?

アクアデザインアマノ?

長いですねw
私は、心の中では「アダ」って読んでます。
きっと間違ってるんでしょうけど。
普通に「エーディーエー」でいいのかな?

ところで、最近、水草レイアウトコンテスト2007の本を買いまして、毎日眺めております。
どの写真も綺麗ですね。
とてもじゃないですが、私の水槽は比較にならないです。

で、そろそろ我流ではなく、キチッと専門書でも買って勉強しようかなって思ってたところ、ADAのホームページでレイアウトマニュアルを見つけました。
pdfファイルになっていて、ダウンロードできます。
英語ですけど。

http://www.adana.co.jp/_e_howto/

しばらくは、コレで勉強しようと思います。

posted at 2007年12月06日  Comment(5)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

もう、大丈夫かな?
ミナミヌマエビの導入ですが、3回目にして、やっと成功しましたw。

#208 ミナミヌマエビ.JPG
#211 ミナミヌマエビ.JPG

導入から2週間が経ちましたが、これまで落ちたのは一匹だけです。
“だけ”っていうのは、落ちるのが当たり前みたいで少し変な言い方かもしれませんが、これまで2回挑戦してことごとく失敗してきましたので、私的には大成功です!!

参考までに、今回の導入記録はコチラ
水温合わせが少し急激だったかなぁ〜と心配していたのですが、なんとか乗り切ってくれたようです。
水槽投入直後の脱皮が良かったのでしょうかね?

実は、導入から1週間を過ぎたあたりで今回の成功を確信してたんですが、ブログに書くとその次の日に全滅しそうな気がしたので、今まで書かずにいました。

でも、もう大丈夫でしょう。
2週間の間に、ミナミ達は少し大きくなったようですw

posted at 2007年12月10日  Comment(8)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

一束198円(激安!)で購入したミクロソリウム・ウェンディロフが、黒ずんでしまいました。

#211 ミクロソリウム ウェンディロフ.JPG

この寒い時期に、まさかシダ病じゃないとは思うんですけど…。

一つ気になる点と言えば、ヒーター直上に配置したこと。
暖められた水が直に当たります。

実際にシダ病に掛かったミクロソリウムの写真(熱帯魚と水草のアクアフォレスト)と比べてみると、うちのウェンディロフは黒透明じゃないので、単なる老化現象か、それとも痛んで枯れているようです。

すぐに取り除こうかとも思ったのですが、子株が着いているので、もう少し子株が大きくなるまで待とうと思います。

ウェンディロフの子株って、葉の裏に着くんじゃなくって、葉の先に着くんですね。

posted at 2007年12月14日  Comment(2)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。