水草に付くコケって何とかならないものでしょうか。
My水槽はクリプト、ミクロソリウムがメインなのですが、成長が止まると黒髭まみれになってしまいます。
水槽の立ち上げ当初は茶ゴケまみれだった事を思うと、ろ過が完成しつつあるのかなぁと、それはそれで一歩前進だと思っていた矢先、並オトシンがいなくなって、また茶ゴケが増えてきました。

やっぱりオトシンは必要ということで、先日、「さかなのお宿」に行ってきました。今回のお目当ては、並オトシンではなく、オトシンネグロです。

今回は2回目ということもあり、店に着くやいなやネグロ水槽まで一直線です。
おーいるいる。どれにしようかな〜。
で、この時思い出したんですが、ネグロ水槽の隣が並オトシン水槽で、その隣がマジックシュリンプ水槽…。

ということで、マジックシュリンプ水槽を見てみると、
ギェ〜!ナンジャコリャ〜!
そこには、体長8センチはあろうかという超巨大なエビがウジャウジャと。
正直言って、でかすぎて気持ち悪い。
でも、黒髭を食う唯一の生体って事なので、一匹だけお試しで飼ってみようかなって思いつつ、店員さんにいろいろと教えて頂きました。

まず、一番気になるマジックシュリンプの正体ですが、スジエビの一種だそうです。ヤッパリ?
それから、一匹だけだと黒髭をあまり食べないらしく、黒髭除去が目的なら最低でも5〜6匹を一緒に飼う必要があるとのこと。
一般にスジエビは肉食で獰猛な性格と言われてますが、マジックシュリンプは小魚を襲わないとのこと。ミナミとの混泳も可。
両側回遊型なので、水槽内での繁殖は不可とのこと。

My水槽で8センチ以上もあるスジエビを5匹も飼うなんて不可能です。
黒髭対策は、地道に毛抜きで頑張ることにします。

#201 オトシンネグロ.JPG
#204 オトシンネグロ.JPG

写真は、今回購入したネグロです。
ネグロは並オトよりも動きが激しく、ちょこまかと忙しく水槽内を泳いでいます。

posted at 2007年12月03日  Comment(7)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。