ミナミの水合わせの時に、pHがちょっと高いなぁ〜と思ったので、今回、試薬を変えて測定してみました。
今回使用したのは、「テトラ テストペーハートロピカル試薬」です。

#217 pH比較.jpg

測ってみて意外だったのですが、pHは6.5と、弱酸性になってました。前回はpH7.8でしたので、かなり酸性化したことになります。
念のため、前回使用した「テトラ 5 in 1 試験紙」でもう一度測定してみると、pHは7.2ぐらいでした。(ちなみに、GHは6、KHは10)

#217 水質.JPG

試験試薬の違いでpHが違う値となりましたが、ここは専門試薬を信用して、pHは6.5ということにしておきます。

いづれにせよpHが低下している事は事実のようですが、なんでかな〜と振り返ってみると、ミナミ導入の成功後、発酵式CO2を新調して、24時間添加してたのでその影響かなと思います。

水中のCO2濃度は、試薬で測定することもできますが、aquamind laboratoryさんのページで、KHとpHから計算できます。

KH(10dH)、pH(6.5)→ 117.6 CO2-mg/L

げ! もしかしてCO2濃度高すぎですか?
今のところ、ミナミは元気だし、生体は皆さん元気なので問題無いとは思うのですが…。

実は、pH調整と軟水化を目的に、こんな物を買ってたんです。

#217 マジックリーフ.JPG

マジックリーフです。
今回の水質測定結果からすると必要無いのかもしれませんが、せっかく買ってきたので使ってみます。

#217 マジックリーフ投入.JPG

7〜8枚ぐらい入って800円ぐらいでした。
嫁さんからは、「葉っぱを買うなんてアホちゃうか!」って変な目で見られちゃいましたけど。あはは。
よく考えたら、葉っぱに限った話じゃなくて、石とか木とかに何千円も払うなんて、アクアやってない人には考えられない事ですね。
私も既に立派なアクアジャンキーだなw

posted at 2007年12月17日  Comment(6)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。