ブリクサ・ショートリーフ。

長い葉を多数つける草で、葉数が多く前景のポイントとして非常に見栄えの良い種類です。
テネルスと似て無くも無い容姿とも言えますが、1株あたりの葉の数がはるかに多く、また柔らかい印象を持ちます。ランナーを出してあちこちに勢力範囲を伸ばすようなことはありません。グロッソスティグマや、ヘアーグラス等ランナーで増える前景の中にポイントして植え込むのに最適の種類と言えます。
見た目からは想像が付きにくいですが、有茎草の仲間でもあり、良く観察すると非常に短い茎を持ちます。

上記はチャームさんの商品ページからの引用ですが、最後に説明があるように、有茎っぽくないのに実は有茎だよ〜ん的なところがブリクサの一番の特徴になると思いますが、

こう見えてもブリクサって有茎草なんだよ。
ほら、根本に茎が見えるだろ!
ペラッ!

キャー!
ほんとー!
ステキ!!

という程ではないです。

…というわけで、グロッソが水面まで伸びようかという我が水槽においては、ブリクサも同様、茎丸出しで成長しております。

あまりにも見苦しくなってきたので、トリミングしてみました。

2008.01.12_191157.jpg

こんな感じでいいのでしょうか。
カット入りまーす!

2008.01.14_235451.JPG

すっきりしました!
カットした上側は、差し戻しました。
根付いてくれるかな?

2008.01.12_191141.JPG

きっと大丈夫だと思ってます。
なにせ、ブリクサの根張りは半端ではないですから。

posted at 2008年01月16日  Comment(5)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。