水槽の下に敷く土のことを、正式には『底床材』と言うそうです。

私が買ったのは、ジェックスの『濾過一番サンド』。水槽の大きさにあわせて(店員さんに相談して)4kg買いました。

これを選んだ理由は、ずばり、ネーミング。
なんとなく、水が綺麗になりそうだったから。

ところで、低床材は、どのぐらい洗えばいいのでしょうか?

3回ぐらい洗ったけど、洗い水がまっ茶っ茶になりました。
あんまりゴシゴシやると、土が、底床材が壊れそうな気がしたので途中でやめたんです。

低床材を水槽に引き詰めて、上から水道水をいれてみると、(案の定?)水槽全体が見事な”まっ茶っ茶”となりました。

袋に書いてある説明を読むと、「多少の濁りは数時間でなくなります」というニュアンスの記載がありました。
早く次のステップ(水草を植えたり、流木を置いたりしたい)に進みたい気持ちを抑え、説明を信じて、しばらく待つこと数時間。
しかし一向に変化はありません。仕方がないので、朝まで放置することしました。

朝、起きてみてビックリ。

見事なまでに、昨晩のまんま。まっ茶っ茶でした。(T_T)

なにか間違ったみたい。

なので、水を入れ替えることに決定(出勤まで1時間しかありませんが)。

今度は慎重に、歯磨き用のコップで、丁寧に、丁寧に、水を張りました。疲れたけど、濁ることはありませんでした。

時間がないので、水草、流木をそそくさとセッティング、アーンド、ろ過器を稼働!!
本当は、もっと時間をかけてレイアウトを考えたかったのに、残念。(T_T)

なんとか形になったようで、今晩が楽しみです。

posted at 2007年05月14日  Comment(0)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
この記事へのコメント
現在コメントはありません。
初コメ・辛口・ダメだし大歓迎ですw
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

このページの先頭へ
この記事へのリンクタグ
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。