#115 アヌビアス・ナナ プチ.JPG

アヌビアス・ナナ(プチ)が新芽を出しました。
特に珍しいわけではありませんが、成長が遅いこともあり、忘れた頃にポツポツと芽を出します。大体、月に2回ぐらい見ることができます。

アヌビアス・ナナと言えば「丈夫な水草」の代表ですが、その成長の遅さからコケ対策が重要とされています。多分に漏れず、写真に写っているナナもコケが付きかけています。

一時期“茶ゴケ”がひどくなった事もあり、コケ対策としてオトシンを一匹飼っているのですが、どうも最近のオトシン君はコリタブの方がお好きなようで、あまりコケを食べてくれなくなりました。おーっと、これはあくまでも推測で、コリタブを食べているところを直接見たわけではないのですが、水草がコケまみれでもオトシンのお腹はパンパンなので、多分そうかな〜と。なので、もう一匹オトシンを追加しようかなって考えてます。ヤマトヌマエビでもいいんですが、二酸化炭素の添加(発酵式)を行っているせいかよく脱走するので、気になってしょうがないので止めておきます。

posted at 2007年09月05日  Comment(4)  TrackBack(1)  このページの先頭へ
この記事へのコメント
こんばんは^^
アヌビアス・ナナは成長が遅いけど強いですよね。うちのはコケもつかず、いつの間にか砂に活着していたり、新しい芽が出ていたりと、元気に育ってくれています(*^ー^)
ヤマトヌマエビ!うちも入れようかと思ったときがありましたがあの大きさがちょっと怖くて(;^ω^A それと脱走癖の話を聞いてためらってます。でもコケ取り能力はすごそうですよね〜
posted by merry* at 2007年09月07日 00:15
こんにちは。復活おめです。
ヤマトヌマエビは迫力ありますよね。小型水槽だと特に。コケ能力は確かに高かったです。コケ取りと言うよりも、むしろ、流木ごと囓ってた気がしますが。。。
ナナは成長が遅いのが魅力ですね。めんどくさくないから。^^
posted by jenuine at 2007年09月07日 09:29
はじめまして、ちーず。といいます。
試行錯誤を続けながらも、なんとか水槽を維持しています。

うちもアヌビアス・ナナはコケにやられちゃいますねー。
でもコケにやられても丈夫に新芽が出てきてくれるので、うちの水槽の環境には合ってるみたいです(^^ゞ
新芽はコケも付かずに、黄緑色で綺麗ですよね。
肥料を使うと新芽が出やすいんですが、コケも出やすくなってしまうのが悩みどころです(T_T)
posted by ちーず。 at 2007年10月03日 15:58
ちーず。さん、はじめまして。
新芽(だけ?)は綺麗な色をしてますよね〜。
コケさえなければ水草ライフをエンジョイ出来るんですけど。。。
アクアリストの永遠のテーマですね。^^
posted by jenuine at 2007年10月03日 18:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

このページの先頭へ
この記事へのリンクタグ
 
Tracked from そらいろ新聞:水草のアヌビアス・ナナ (ほぼ日刊そらいろブログ新聞) at 2007/10/03 15:52
アクアリウムの水草、アヌビアス・ナナです。 アヌビス・ナナって呼ぶ人もいますね。 最近はもっと小さなアヌビアス・ナナも出回っています。 うちのは、一番一般的なタイプです。 【身近な生き物図鑑:ア..
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。