ヒーターを買ってきたので早速着けてみようと思ったんだけど、よく見ると水槽がコケまみれ。コケの上からキスゴムを貼り付けるのもナンダカナァ〜、ということで、コケ取りと、そのついでに本格的に水槽の掃除をしました。

流木をのけてみると、そこはゴミの山でした。
こんなに汚いんだったら、魚が病気になるのもしょうがないって感じです。全滅事件の元凶は、このゴミのような気がしました。

#145 水槽写真.JPG

コケのついた水草をトリミングしたり、バランサエを右から左へ移動したり、外部フィルターの給水パイプを移動したりして結構時間が掛かったんですが、掃除が終わってサッパリした水槽を見ると気持ちがいいもんですね。

posted at 2007年10月05日  Comment(2)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
この記事へのコメント
初めまして。私も、熱帯魚を飼い始めて5ヶ月目突入の初心者です。
流木の下って意外と盲点ですね。私も流木を動かしたとき、下と上からゴミが舞い上がりました…。オソロシイ…。
毎週プロホースで掃除をしてたんですがねぇ…。
posted by 諒 at 2007年10月08日 19:21
諒さん、はじめまして。
毎週掃除って、すごいですね。
水槽の中って、意外とゴミが多いですよね。
バクテリアなんかが、ささっと分解してくれたら助かるんですが、そうも行かないみたい。。。
posted by jenuine at 2007年10月08日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

このページの先頭へ
この記事へのリンクタグ
 
この記事へのトラックバックURL
 
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。