現在13時50分。

実際に流木を水槽に入れてみると、なかなか良い感じだ。
思ったより作業がサクサク進んだので、少し時間を掛けて水草の配置を考えてみることにしよう。

今ある水草は、cryウェンティ、cryバランサエ、エキノドルス・テネルス、グロッソスティグマ、アヌビアス・ナナ(流木付)、ミクロソリウム(流木付)、ウィローモス(流木付)、アマゾンソード、アマゾンチドメグサ。

今すぐに新しい水草を買ってくる時間はないので、今ある水草を流用するんだけど、上記のうち、アマゾンチドメグサはお役ご免にすることにした。東南アジアテイストには馴染まないので、ちょっと使いづらい。なんて自分勝手なんだろうと思うんだけどゴメンね。

それと、悩ましいのがアマゾンソード。
これもチドメグサと同じ理由で使いづらいんだけど、あまりにも綺麗な水中葉を展開しているので、使わないのは勿体ない。とりあえず、新しく水草を買ってくるまでの暫定ということで植えることにした。

で、水草を植える段階になってギョっとした。
植栽スペースが全然ない!

#168 植栽ゾーン.jpg

ブライトサンドを入れすぎたのか?
それとも流木が大きすぎたのか?
流木は一つで十分だったのかもしれません。

事前に思い描いていた完成イメージは、水槽左側を水草の茂みにして、その間から流木がニュッと突き出ているイメージだったんだけど、流木の後ろには植栽スペースがほとんどないので茂みが作れない。
水槽の奥行きが足りないし、ヒーターが邪魔。

なかなか思うようにはいかないものですねぇ。

posted at 2007年10月30日  Comment(0)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
この記事へのコメント
現在コメントはありません。
初コメ・辛口・ダメだし大歓迎ですw
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

このページの先頭へ
この記事へのリンクタグ
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。