水草を追加しました。
クリプトの杜が着々と完成に向かっております。

クリプトコリネ ポンテデリフォリア

【分布】インドネシア、スマトラ
【体長】 8〜20cm
【学名】 Cryptocoryne pontederifolia
【飼育レベル】 初心者が初めて育てるクリプトコリネとして、美しく飼育しやすい
【説明】 丸葉系のクリプトコリネ。一般に丸い葉をもつクリプトコリネは栽培が難しいとされるが、この種は比較的容易な部類に入る。葉色はややくすんだ明るいグリーンで、葉長や葉の大きさは栽培環境によっては全体が赤みがかることもある。適切な環境で栽培されたものは、葉長が20cmを超え、コンディションによってはランナーを伸ばして繁殖していく。この繁殖によってレイアウトの雰囲気が崩れるようであれば、子株を切り分けて、適所に植え込んでやるとといい。育成の条件を整えてやれば、見事な株に成長する。レイアウトではポイント的に使用すると変化がつけられる。

ポンテデリフォリアは大きくなるようなので、水槽の一番奥に植えました。そのため、アマゾンソードが邪魔になったので撤去しました。
アマゾンソードは水槽を立ち上げた初期からの水草だけに、すこし寂しい気分。未練たらしいようですが、とりあえず、今はバケツの中です。

ポンテデリフォリアをweb検索すると、水上栽培をされている例がたくさん出てきました。水上栽培だと花が咲くそうです。そして花は異臭がするらしい。。。
水中栽培でも花は咲くのかな?

#175 クリプトコリネ ポンテデリフォリア Cryptocoryne pontederifolia.JPG
#176 クリプトコリネ ポンテデリフォリア Cryptocoryne pontederifolia.JPG

上:11/4 22時(植栽直後)
下:11/5 8時

上の写真は植栽直後と今朝の写真です。
10時間しか違いませんが、葉が立ち上がっているのが分かります。
こういうのを見ると、生きてるんだなぁ、って思います。

クリプトコリネspレッド
店頭でこのような名前が付いていましたが、少々疑わしいと思ってます。検索しても全然ヒットしません。ホントにこの名前なのか?どなたか、正式名を教えてください。

#176 クリプトコリネspレッド?.jpg

ミクロソリウム ウェンディロフ
これは有名ですね。
ミクロソリウムの、先っちょがウネウネしたタイプです。

#176 ミクロソリウム ウェンディロフ Microsorium pteropus Windorove.JPG

流木の背後に活着させてみました。
そのうち、ミクロソリウム・本ナローをウジャウジャと植える予定なので、ウェンディロフがその邪魔にならないようにこの場所にしたんですけど、ここはフィルターの排水が直に当たる場所なので、成長が遅いウェンディロフがコケまみれにならないかちょっと心配。
となりに写っているコケまみれの水草はCryバランサエです。どうか、バランサエのコケが移りませんように。っていうか、バランサエのコケを取りましょう>私。

posted at 2007年11月05日  Comment(0)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
この記事へのコメント
現在コメントはありません。
初コメ・辛口・ダメだし大歓迎ですw
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

このページの先頭へ
この記事へのリンクタグ
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。