#101 リシア流木(前).JPG
#101 リシア流木(後).JPG

リシアタイル、リシアマットに引き続きまして、今度はリシア流木です。これで買ってきたリシアを使い切りました。全部リシアマットにしても良かったんですが、今後の勉強という意味もあり、あえて3種類に分けてみました。

#101 リシア流木(設置).JPG

さてさて、どのリシアが一番綺麗に育つでしょうか?

posted at 2007年08月26日  Comment(0)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
#103 アカヒレとグラミー.JPG

水槽の立ち上げ時からずっと共にしてくれたアカヒレ君が、☆になってしまいました。いままでありがとう。

リセットやらなんやらで、水槽を弄りまわしたのがいけなかったんでしょうか。アカヒレは丈夫だと、過信があったのかもしれません。そういえば、最近、水面でジッとしてたなぁ。グラミーに追い回されたのがストレスだったのか、ひとりぼっちで仲間がいなかったがストレスだったのか。。。寿命だったと思いたい。。。

posted at 2007年08月27日  Comment(2)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

水草に興味を持ちだしてから、今の照明に不満が出てきました。照明はセット水槽に付属していたもので、14W蛍光ランプ(アーム式)です。
現在リシアの育成に挑戦中なんですが、やっぱり高照度でないとダメかな〜、なんて考えるとますます不満がタラタラと出てきます。

ピクシーネオ.bmp

基本的に、セットに付属する照明というものは、魚の鑑賞を目的とするものであって、水草の育成用ではないそうです。
初心者のスターターとしてはそれで十分なのでしょう。そりゃそうですね。初期投資が低い方が初心者にも助かりますし、いきなり水草をやろうなんて人はいないだろうし。。。

で、照明を買い換えようということになるんですが、困ったことに、私の水槽は40cmです。40cmというのは規格外ということになってまして、40cm用の照明は売っていません。規格サイズ(30cm、45cm、60cm)なら沢山商品があるみたいなんですが。。。

どうして40cm水槽を買ったんだろう>私。
そんなこと聞いてないよ〜。(古い?)

で、色々と調べてみると、水草やるならメタハラが良いらしいそうです。メタハラなら水槽サイズは関係ないし、コレガイイ!!ということで、もうちょっと調べてみることに。

。。。

なんですか、この値段設定は!!
むちゃくちゃ高いじゃないですか。10万円オーバーなんて当たり前? とてもじゃないですが、こんなものは買えません。水草道は厳しいですなぁ〜 トホホ。

ところが、なんとか買えるかも知れないぎりぎりラインのメタハラがありました。

クリスタルシャイン70.bmp

クリスタルシャイン(AQUTE)です。近くのアクアショップで26,000円で売ってました。嫌がる嫁を売り場まで引っ張っていき、メタハラの現物を前にしてその魅力を延々とアピールしたんですが、“こんな高い物はダメよ”って言われてしまいました。
私は5万円以上するメタハラばっかり見てたので安く感じたんですが、確かに、冷静に考えるとこれでも十分高いですね。嫁の冷静さに感服。

で、メタハラは諦めて蛍光灯ライトを物色することに。。。
40cm用ってのは無いんですが、30cm〜45cm用のスライド式ライトがあるんですね。なるほど。何種類かありました。

どうせ買うなら、出来るだけ明るくて、出来るだけ安いのがいいな〜(欲張り?)。
クリアライトフリーCL-345(GEX)が11W、リフトアップライトLL-3045(tetra)が13W、スカイライトフリー(kotobuki)が14W。どれも、今のとそんなに変わらないし、決めてが無いな〜。もしかして、今の14Wで十分ってこと?

そもそも、水草を綺麗に育てるために必要な光量っていくらぐらいなんでしょうか?
AllAout(その道のプロがあなたをガイド)に寄りますと、水1リットルに対し0.6〜1.0Wの光量が必要となるそうです。私の水槽は27リットルなので、16W〜27Wが必要となります。なんだ、現状でもなんとかなるレベルじゃん。

でも、リシアの事を考えると27Wを確保したいな〜。
27Wを確保できる小型水槽用の蛍光照明って無いのかな?

posted at 2007年08月28日  Comment(10)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

職場に、使ってないデジカメがあるということなので、借りてきました。5年ぐらい前に発売されたNikonのデジカメ(330万画素)で、レンズの部分がグルッと回転します。今ではあり得ないぐらいボディーが大きいですが、外で持ち歩く訳ではないので気になりません。水槽の写真を撮るだけです。

Nikon Coolpix 995.png

説明書を読んでみると、ものすごく多機能で、今のデジカメ(Canon 初代IXY)とは雲泥の差です。マニュアル撮影が可能で、絞りや露出なども弄れるようです。しかし残念なことに、私はカメラに関しては素人なので、なんのことやらサッパリです。よく理解できません。

細かい設定は後々じっくりと弄るとして、とりあえず、オートモードで撮影してみました。

#108 水槽写真 1.JPG
#108 水槽写真 2.JPG
#108 水槽写真 3.JPG
#108 水槽写真 4.JPG

撮影していて一番感心したのは、普通に撮っていても、魚にピントが合うことです。今までだと水槽のガラスにピントが合ってたので、シャッターボタンの半押し(フォーカスロック)をして、自分が前後に動くことでピント調整していました。
ついにその苦労から解放されました。って、借り物ですが。。。

このデジカメでも5年以上前のものですので、最新のデジカメだと、もっと綺麗に撮れるんでしょうね。
もともとカメラにはあまり感心が無かったので、“撮れればなんでもイイ”って認識でしたが、改めようと思いました。

posted at 2007年08月30日  Comment(8)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。