先日買ってきたばかりの新メンバーの紹介です。
とりあえず、水合わせ中の写真です。

ステルバイですが、警戒心が強いのか、いつもは水槽の奥に隠れています。なかなか前に出てきてくれないので、良い写真が撮れません。前の青コリもそうだったので、コリドラス一般の性格なのでしょうか。

#146 水合わせ中-コリドラス・ステルバイ.JPG
#146 水合わせ中-サイヤミーズ・フライング・フォックス.JPG
#146 水合わせ中-オトシンクルス.JPG

(上)コリドラス・ステルバイ
(下左)サイヤミーズ・フライング・フォックス
(下右)オトシンクルス

ステルバイとは違って、サイヤミーズやオトシンクルスは写真が撮りやすいです。近々アップします。

今回初めて(まともに)飼うサイヤミーズは、泳ぐというよりもホバリングしている時間が長いです。しかし、一端泳ぎ出すと素早いです。トランスポーテーションと言ってもいいでしょう。

posted at 2007年10月10日  Comment(4)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

コケがあまりにも酷くなってきたので、照明時間を減らすことにしました。

今まではどうしてたかというと、まず、朝起きてすかさず点灯し、魚達が全員揃っているか、脱走者はいないかを確認。そのまま仕事に出かけ、帰ってきてからもう一度全員揃っているか確認しつつ束の間の鑑賞を楽しんで一旦消灯。夕食等の後再度点灯し、寝るまで水槽を眺めたのちにオヤスミと言いつつ消灯です。
今振り返ってみると、12時間以上も点けてたことになります。ソリャ〜コケモハエルヨ。ナガスギ!。

コケが出ないようにするにはせめて8時間ぐらいには減らさないといけないそうですが、昼間は水草育成のために照明が必要だし、夜は照明がないと鑑賞できないし。。。

で、考えた結果、日中の照明を止めることにしました。
実は火曜日から実践中なのですが、朝の確認はそのまま継続するとして、全員の点呼後、すぐに消灯するようにしました。
現在の照明時間は、帰宅(だいたい19時)から就寝(だいたい25時)までのおよそ6時間ぐらいです。これでコケが減ってくれるかな?

しかし、急に照明時間を変えた影響なのでしょうか、昨夜帰宅してみると水槽が白く濁っていました。たぶん、おそらく、これはバクテリアの死骸の様な気がします。想像してみるに、昼間の照明を消したことにより水草の光合成が止まり、水中の酸素濃度が低下し、バクテリアが死に至ったんじゃないかと。。。

それはそうと、昨夜、初めてヒーターが稼働しました。
最近めっきりと寒くなりましたねぇ。

posted at 2007年10月11日  Comment(10)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

水槽の調子がイマイチなので、そろそろリセットをしようかと考えています。もう少し我慢すれば好転するのかもしれませんが、リセットモードのスイッチが入ってしまいました。

次期構想については、このブログで頂いたコメントや、他のサイトを見て回ったりして思いを巡らせているところですが、具体的な計画は決まっていません。リセットをするとなるとまず決めなければならないのが低床材ですが、大磯砂にするのか、ソイルにするのか、第一歩目からつまずいてしまいました。なにせ大きな分かれ道ですから。

つづく

posted at 2007年10月12日  Comment(0)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

よく考えてみると低床材が決まらないのは当たり前の話で、自分はいったい何がしたいんでしょう?ハテナ?

今の水槽を振り返ってみると、気に入った魚や水草を何も考えずに買ってきたので、統一感がありません。別に無くてもいいんだけど、次のリセットでは統一感を出したいと思っています。
統一感を出すにはコンセプトが大事ということで、サクッと考えてみました。

ズバリ、次期コンセプトは、「クリプトの杜」

このコンセプトは、「底砂の選び方」というページの中の「水草の種類別底砂適合表」を見ていて閃きました。この表によりますと、私の大好きなクリプトは大磯砂と相性が良いらしいし、私の大好きなコリドラスはソイルがお嫌いのようですので。。。

コンセプトが決まってしまえば、具体的な細部についてはオートマチックに決まります。
低床材は大磯砂、水草はクリプトメインでモス、シダ系がサブ。
東南アジア風といったところですな。
あと、コリドラスの為に低床の一部は砂にします(今使っているボトムサンドを流用)。

posted at 2007年10月14日  Comment(2)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

次期水槽は東南アジアテイストに仕上げてみようと決めたんだけど、東南アジアの水草って何があるんだろう。クリプトコリネやミクロソリウムなら知ってるんだけど。
で、ざっとネットで調べてみたところ、ハイグロフィラ、ロタラ、ブリクサ、スプライト、ウィステリアなんかがそうらしい。特に、ハイグロフィラやロタラには色々な種類があって、ハイグロなんちゃら、とか、ロタラなんちゃらとか、覚えられない位種類が多い。種類が多いんだけど、ハイグロフィラとかロタラとかが名前に付くと大体東南アジアの水草ということになるらしい。
ただし例外もあるようで、例えばラージリーフ・ハイグロフィラやボーグ・ハイグロなんかは南米の水草ということらしいので、購入する際は確認する必要があるのかな。

でも、東南アジアの水草じゃないと絶対にダメという訳でもないし、東南アジアの水草以外が一つ二つあったとしてもまったく無問題だし、水草選びの一つの目安としてこういう試行も面白いかなといった程度のことでしかない。むしろ、今ある水草で東南アジア以外のアマゾンソードやアマゾンチドメグサ、テネルスなんかは次期水槽でもできるだけ使いたいと思ってるぐらいだし…。今はコケまみれだけど。

で、実際に水草を買おうとなるとまずは近くのショップに行くことになるんだけど、店頭では水草の名前が分からないことが間々あるし、店員さんに聞いても間違った答えが返ってくることが極極たまに無いとも言い切れないし、名前が分かったところで産地・分布までとなると、これはもう辞典でも持って行かないと対応できない。かといって、店内で辞典を片手に水草を凝視するってのも恥ずかしい。素直に「東南アジアの水草を下さい」って言うのが手っ取り早いんだろうけど、そこまで親しい店員さんはいない。

となると、ネットで購入するのがいいのかな。分からないことは直ぐに調べられるし、水草の説明欄に産地が同時に記載されてたりするので助かる。通販サイトだと、チャームさんが良さげなんだけど、結構欠品が多いんだよね。
で、チャームさん以外の通販サイトで今気になってるのが、熊本にある「水草屋」さん。珍しい水草がいっぱいあるし、一本単位で売ってるし、なんとなく良心的のような気がする。
誰か水草屋さんで買ったことある?

で、ネットでいろいろと水草を見て回ったんだけど、ミクロソリウム・ナローとブリクサ・ショートリーフが特に気に入ったんだなぁ。
近くのショップに置いてないか見てこようっと。

posted at 2007年10月15日  Comment(4)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。