我が家にやって来たステルバイ(2匹)ですが、2匹は凄く仲が良くていつも一緒です。

#150 コリドラス・ステルバイ1.JPG
#151 コリドラス・ステルバイ.JPG

うちに来てから一週間が経ちました。
無事にマイ水槽に馴染んでくれたようで元気に見えるのですが、一つ心配事が・・・。
未だにコリタブを食べてくれないんです。前も同じことを言ったような気がしますが・・・。

#150 コリドラス・ステルバイ2.JPG

ステルバイの前に、テトラコリタブとヒカリキャットを並べてみましたが、見向きもしません。
どっちでもいいから食べてほしい・・・。
今のところは元気そうなので、多分、何かしらを食べてるんだと思います。

#151 コリドラス・ステルバイ、サイヤミーズ.JPG
#151 サイヤミーズ.JPG

サイヤミーズも元気です。
いつも、ステルバイが食べないヒカリキャットをパクついているので、最近は肥満気味です。
サイヤミーズの上にボヤ〜っと写っているのはオトシンです。

#150 オトシン.JPG

コケを食べてくれるのは嬉しいんだけど、この格好は止めてほしい。
一瞬、ドキッとします。

posted at 2007年10月16日  Comment(8)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

質問です。
Q1. 水槽には蓋をしてますか?
Q2. コリドラスを飼ってますか?

Q1とQ2の両方がyesだった方に再度質問です。
Q3. 水面と蓋との間は何センチぐらい空いてますか?

なぜこんな質問をしたかと言いますと…、

コリドラスって、腸呼吸のために、底から水面に向かってダッシュしますよね。その時に、水面と蓋との隙間がほとんど無かったらどうなるでしょうか。

コリドラスが蓋に頭をぶつける」が正解です。
ゴン!って音がします(実話)。

それ以来、蓋をするのは止めました。コリちゃんごめんね。

posted at 2007年10月18日  Comment(6)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

本日は日曜日ということもあり、普段は滅多に行かないホームセンターへサイクリングしてきました。

お目当ては、枝流木です。
近所のショップ(と言っても3店舗だけですが)には置いてないんですよ〜。なので、今日は少し遠出です。

#161 流木.JPG

で、ありました、ありました。
とりあえず、形の良さそうなのを二つ購入しました。
2本の組み合わせ方や配置については後でじっくりと考えるとして、とりあえず、アク抜きをします。

向かって右側の流木がお気に入りです。
左側の流木も良い形ではあるんですが、もしかして余分だったかな〜ってちょっと反省。

posted at 2007年10月21日  Comment(0)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

枝流木を手に入れることが出来たので、来るべきリセットが楽しみになってきました。
枝流木って、見ているだけでイマジネーションが膨らんできますね。しかも、見る方向によって印象がずいぶん変わってくるので、色々と試してみたいと思います。しかも、今回2本購入したので、その組み合わせ方は幾通りも可能ですね。ワクワクしてきます。

今現在使っている流木は棒状のもので、しかも水槽サイズに対して大きすぎたようで、上手く使いこなすことが出来ませんでした。結局、のこぎりで分解して使ってます。次期水槽にも使えるかどうか、ちょっと微妙な状況なのですが、せっかくアヌビアス・ナナやらウィローモスやらが活着しているので、なんとかして使いたいと思っています。

#140 コリドラスと砂.JPG

で、とりあえず流木については大体目処がついたので、残るは最大の難関、コリドラスの為の低砂選びです。
水草を東南アジアテイストにすると決めたので低床は大磯でOKなんですが、大磯だとコリドラスがスーハーできないので、大磯に加えて、もっと細かい砂を入れようと思ってます。

ボトムサンド(sudo) 1kg.bmp 田砂(エイ・エフ・ジャパン).jpg ブライトサンド(ADA) 2kg.bmp

当初は、現在使っているボトムサンド(sudo)を流用する予定だったんですが、大磯と色合いが合わないような気がしたので、変えることにしました。
コリドラスの砂として定評のあるものと言えば、まず思い当たるのは田砂(たずな)ですが、店頭で一袋千円以上したのでパスしました。たぶん1kg入り(3kgでした)だったと思うんですが、ネット価格と比べるとべらぼうに高いので、もしかしたら見間違えたのかもしれません。

話が少し脱線しますが、アクア商品って、店頭価格とネット価格にずいぶんと差がありますよね。例えば先日私が購入したエデニックシェルトV2ですが、店頭では6,000円以上してました。ネットだと2,980円で買えるのにねぇ〜。

で、結局購入した砂はブライトサンド(ADA)2kgです。
ボトムサンドと比べると若干キメが荒いようですが、大磯と混ざった時の色合いが良さそうな気がします。
というのも、2種類の低砂を使うとどうしても混ざってしまうので、それならいっそのこと混ざってしまえ!というつもりでいます。あっ、いやいや、出来るだけ混ざらないでほしいのが本音ですけど。

posted at 2007年10月22日  Comment(4)  TrackBack(0)  このページの先頭へ

大磯砂にマッチする様な気がする…、ということでなんとなく購入したブライトサンド(ADA)ですが、実際に使用するかどうか、まだ決めかねてます。

砂を入れたい理由ですが、私的には、コリドラスが砂に頭を突っ込む仕草とか、スーハーしてエラから砂がパラパラっと出てくる姿をただ単に見たいだけなんですが、医学的?には、喉の発育を促す意味もあるそうです。なんでも、スーハーしないコリは顔が歪になるんだとかならないとか…。

やっぱり、砂は必要だよね。

でも、大磯とブライトサンドが混じると、大磯の下にブライトサンドが潜り込んだりして、ブライトサンドを入れた意味が無くなった挙げ句に見た目が悪くなるよね。

それなら、大磯オンリーの方が綺麗だよね。

とまぁ、優柔不断な私ですが、昨夜ブライトサンドを洗ってました。^^
その時の第1印象ですが、ボトムサンド(sudo)の方が工業製品としては上だなって思いました。
ボトムサンドは粒が揃っててキメが細かくて1時間も洗えばソコソコ綺麗になったんですが、一方のブライトサンドは、ゴミが一杯混じってるしアクが出まくるし粒が揃ってないし黒くてやや大きめの石が混じってるし角が立ってるしで、1時間近く洗ったんだけどまだ使えないなぁって思いました。これがネイチャーなのか?

ただ、実際に水槽に入れて照明を当てた訳ではないので、その時はまた印象が変わるかもしれません。
今晩も、引き続いて洗います。^^

posted at 2007年10月25日  Comment(3)  TrackBack(0)  このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。